主催
日本の人事部

審査について

日本の人事部「HRアワード」2017トップ > 審査について
日本の人事部「HRアワード」は、全国の人事・人材開発・労務管理に携わる方々の声により各賞を決定する表彰制度。
以下の審査基準、審査プロセスにて、選考を行います。

審査基準

  1. 明確且つ一貫性のある、戦略や方針を描けていること
  2. 新規性、独創性があり、社会や市場に影響を与えていること
  3. 革新的で、将来に渡って成長性や拡大性を期待できること
  4. 高い注目度、認知度を保持していること
  5. 優れた収益性、市場浸透性を実現していること

審査プロセス

エントリー募集
<2017年6月~7月>
『日本の人事部』正会員(約100,000人)、HR関連サービス企業から、自由記述形式でエントリーを受付
ノミネート決定(一次審査)
<2017年7月>
日本の人事部「HRアワード」事務局が各部門のノミネートを選出。
ノミネートされた企業・作品は、『日本の人事部』のウェブサイトや各種イベントなどで広く告知
『日本の人事部』会員からのアンケート投票受付(二次審査)
<2017年8月~9月>
『日本の人事部』正会員(約100,000人)からの投票を受付
選考委員会による最終選考(三次審査)
<2017年10月>
投票集計後、各部門の上位にランクインした企業・作品を対象として、選考委員会による最終選考を実施し、各賞を決定
各賞の発表
<2017年10月中旬>
『日本の人事部』のウェブサイト、SNSなどで各部門の受賞者を発表
表彰式・受賞者報告会を開催
<2017年11月16日>
日本最大のHRイベント、日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」の会場にて、表彰式を開催。表彰式後に、受賞者が受賞内容について発表する報告会を開催。